2018.07.17 Tuesday

当院からのお知らせ

2017-11-21 20:01:00

整体で自己治癒力を高める

一般的に整体というと揉みほぐしたり、骨をバキバキ鳴らして肩こりや腰痛を解消するといったイメージではないでしょうか? こういったイメージは半分正解で半分不正解かもしれません。何故かと言いますと、長い間患ってきた痛みや辛さが外側から少し揉んだり捻ってりするだけで消失するというのはなかなか難しいからです。

 

私たち施術家の仕事というのは患者様お一人お一人が本来持っている自己治癒力(健康な状態に戻ろうとする力)を最大限に引き出せる状態にする為に体の状態を整える。という事だと思っております。

 

風邪を引いても数日すれば治りますし、怪我をしても安静にしていれば自然と修復され治ります。ですが筋肉が凝り固まっていたり、骨格バランスの歪みがあると血液の巡りも悪くなり体は冷え、持っている自然治癒力が十分に発揮されなくなってしまいます。この状態が長く続けば続くほど体に様々な不調が出てくることが多いです。ですがこの状態というのは病院で検査などをしても異常な数値がでることはありません。(異常がある場合は病院での処置が最優先となります。)

 

この状態の事を東洋医学では「未病」といい、健康と病気の中間という状態になります。この未病の段階で体を健康な状態に戻していくことが最良の治療であると言われています。

 

中でも重要な神経や血管が存在する首の状態を良くすることは非常に重要と考えております。

 

首の状態を良くすることこそが、自己治癒力を最大限に引き出します。

 

そして自己治癒力を発揮する時間は睡眠中です。特に整体を受けた日はお風呂などで体をよく温めて早めに休んでください。

1